新宿三光町日乗

見かけたもの、出かけた場所、食べた料理などを写真中心に

【賀正】2015年のお節とお雑煮

あけましておめでとうございます。

http://instagram.com/p/xPOYNRjMcP/

ウチのお鏡はウサギさんが守ってくれてます。

 

今年のお雑煮とお節のメモです。

 

お雑煮は、お出汁から。

2リットルの水(地元・苫小牧のミネラルウォーター)

利尻昆布(利尻の北洋食産)10センチ弱×4枚

を前日から鍋に入れておき、朝沸騰する寸前まで熱して、昆布を引き出します。

そこに、鰹の本枯れ節(京都のうねの)を88グラム投入。

火を弱めて、吹き上がらないようにして、2分ほど。

火を止めて、鰹節が沈むのを待ち、キッチンペーパーで漉します。

これで黄金色の一番出汁がとれました。

 

残った鰹節を鍋に戻し、水を1リットル加えて煮ます。

沸騰しないように火を調整して数分。

再度漉して、これが二番出汁。

 

この二つの出汁をあわせてお雑煮の出汁にします。

具は、ささがきごぼう、人参、小松菜、鶏肉(伊勢丹伊藤和四五郎商店のお雑煮用)

砂糖、塩、本みりん、醤油で味を整えて、焼き餅を入れます。

我が家の特徴は、焼いた餅を一度お湯にくぐらせて、焦げを落とすところです。

f:id:fujita244:20150101100306j:plain

 

できました。

お節は、こんな感じ。

f:id:fujita244:20150101100343j:plain

かまぼことわさび漬けは、小田原・籠清

なます、黒豆(搗ち栗入り)、昆布巻き、きんとん、煮しめは、まつおか

酢蛸は、昆布を買った北洋食産

卵焼きは、つきじ松露

昆布巻と田作りは、京都・宮本商店。

いくらと数の子は、札幌の親戚が送ってくれたもの。

f:id:fujita244:20150101100327j:plain

今年は、伊勢丹が6階で大歳の市を開催したので、買い物がしやすかった。


大歳の市|伊勢丹新宿

 

おかげで並んだのは松露くらいで、いつもなら地下で行列に閉口する鶏肉も6階で並ばずに買えたし、ずいぶん買い物が早く済みました。

情報は大事ですね。

 

広告を非表示にする