新宿三光町日乗

見かけたもの、出かけた場所、食べた料理などを写真中心に

【2015台湾】3度めの士林夜市で臭豆腐にチャレンジするも撃沈

台湾3度めですが、毎回来ている士林夜市

鼎泰豐を堪能した後、東門駅から地下鉄で劍澤駅まで行きました。 

fujita244.hatenablog.com

 

夜市へ行くには、士林駅よりも、劍澤駅のほうが入り口が近いんですね。

 

店はなんだか変わっていました。

2009年にあったCDやDVDの怪しいソフト販売店は全く無く、ひたすら若者向けの服や小物の店ばかり。

土曜日の夜ということも会って、地元台湾の若者がデータスポットに大集合という感じでした。当然、観光客も多くて、バスが何台も駅前に止まっていましたが、それ以上に若い人の熱気が、おじさんにはまぶしすぎます。

おじさん集団としては、一息つくべく、士林市場の地下にあるフードコートに避難したのですが、それが裏目に出ました。

市場は移転してたんですね。

matome.naver.jp

確かに、前とは場所が違ったように思いましたけど、それよりも、地下だから匂いが凄い。

場内を一周したところで、この店に入りました。

しかし、ナマモノに弱い方が、ここでリタイヤ。

私も、かなり匂いにマイッていました。とくに臭豆腐の臭いがダメなんですよねえ。

海鮮も多いんで、アワビの炒めたのとか、色々たのみます。

そして、今回チャレンジしたのは、こちら。

臭豆腐です。厚揚げをクサヤ汁につけて、煮たようなものです。

一口食べると、口の中に、得も言われぬ臭いが広がります。

味そのものはまずくはないんですが、とにかく臭いがダメ。

しかも、後味とともに臭いが残るので、慌てて炒めものを口に入れました。

このビールは、ドライ系というか、クラシックという割には、現代的なスカスカした味で、臭豆腐を洗い流してはくれません。

やっぱり、ダメだなあ、臭豆腐は。

その後も、夜市を歩いたんですが、あまりの混雑に半分も見ないうちにギブアップ。

這々の体で地下鉄駅に戻りました。

若者の熱気と、臭豆腐の匂いに負けた士林夜市でした。

広告を非表示にする