新宿三光町日乗

見かけたもの、出かけた場所、食べた料理などを写真中心に

【読書】編集とデザインの力:朝、目覚めると、戦争が始まっていました

今日は、「山の日」という取ってつけたような祝日なのですが、土曜日だし、振替休日もないし、「スーパーフライデー」並みに、みんな忘れているのではないでしょうか?

8月に祝日を作るならば、15日に「終戦の日」とか「敗戦の日」とかいう名前で祝日にしてはどうなんでしょう。

そんなことを考えるくらい、8月15日については毎年、テレビの特集だとか、記念日的な扱いをされていると思います。

では、戦争が始まった日である12月8日には、毎年、どの程度戦争のことを考えるでしょう。

この問いに意表を突かれました。

こんな本を読みました。

hojosha.co.jp

あの日のこと。
昭和16年12月8日、太平洋戦争勃発。あの日、日本人は戦争をどう感じ、何を考えたのか? 当日の知識人・著名人の日記、回想録から偽らざる戦争の実感を甦らせる。

この本を知ったのは、フェイスブックのタイムラインに流れてきた、この記事でした。

honz.jp

意表を突かれた。企画も内容も構成も、見事という他ない本だ。毎年、終戦の日にむけて様々な本が出版されるが、とりわけ異彩を放つ本である。本書を手にしてはじめて私は、「開戦を人々がどう受け止めたのか」という個々の情報が、ごっそり抜けおちていたことに気づいた。 

まさに、この言葉通り、当時の人々が、12月8日の真珠湾攻撃をはじめとする開戦をどう考えたのか について、何も知らないに等しいことに気づく。悲しんでいたのか、喜んでいたのか、戦争に反対だったのか、賛成だったのか。

一読して驚くのは、その明るさであり、勝つと信じて疑わない気持ちが、若い知識人、作家たちにもあったことだ。そして、年配になるにつれ、思いは複雑になる。

でも、そうした戦争に関する思いに関係なく、この本については、ぜひ手に取って読んでほしいと思ったので、紹介する次第です。

なぜなら、確かに企画も見事で、その構成は以下の目次を見てわかるように、吉本隆明をスタートに、当時の年齢順(つまり生まれ年順)に並んでいること、合間にニュースが挟まれていること、そして最後に太宰治の短編小説を置いていること。全てに唸る。

ラジオニュース(午前七時) 
吉本隆明/鶴見俊輔/加藤周一/黒田三郎/ピストン堀口/新美南吉/岡本太郎
ラジオニュース(午前十二時・東條英機首相演説) 
野口冨士男/竹内 好/埴谷雄高/保田與重郎/中島敦/火野葦平/亀井勝一郎
ラジオニュース(午前十二時三十分①)
高見順/坂口安吾/伊藤 整/神山茂夫/木山捷平/阿部六郎/古川ロッパ/島木健作
ラジオニュース(午前十二時三十分②) 
今日出海/山本周五郎/上林暁/中野重治/矢部貞治/井伏鱒二/横光利一
ラジオニュース(午後三時) 
尾崎士郎/金子光晴/獅子文六/近衛文麿/河合栄治郎/清沢洌
ラジオニュース(午後五時) 
青野季吉/中江丑吉/室生犀星/木戸幸一/長与善郎/折口信夫/木下杢太郎
ラジオニュース(午後七時) 
東條英機/高村光太郎/秋田雨雀/斎藤茂吉/松岡洋右/永井荷風/正宗白鳥
ラジオニュース(午後九時)
真崎甚三郎/徳田秋声/鶯亭金升/幸田露伴/徳富蘇峰
「十二月八日」太宰 治 
略歴一覧
解説:武田砂鉄

でも私が何より驚いたのは、見開きに一人ずつの言葉を紹介する、そのデザインの素晴らしさ。

いくつかは、以下の特設ページで見ることができますが、

hojosha.co.jp

組版好き、書体好きにはたまらないデザインになっておりまする。

 

でも、きっと大事なことは、いつの間にか始まっているんだろうと思います。だから、毎日、何気ないことに注意していくべきなのでしょう。

後から考えて、ガラッと変わってしまった日など来ないようにと願います。

 

朝、目覚めると、戦争が始まっていました

朝、目覚めると、戦争が始まっていました

 

 

【レビュー】ひんやりマットを買いました

この夏の暑さに負けて、寝るときに引くひんやりマットを買いました。

item.rakuten.co.jp

これを買った時は楽天のキャンペーンで1000円引きだったので、妻の分もと思い2つ買ったのですが、妻は冷えると元に戻らない変温動物なので、このマットで冷えると死ぬかもしれないと言って使ってくれませんでした。

 

私は、大きい方のサイズを引いているのですが、実は、大きな問題がありました。

確かに、触れると冷たく感じるし、引いたまま寝ているとそれなりに温度が保たれる感じもあるのですが、だんだん冷えなくなるのです。

理由は室温が30度以上が続くとひんやり感じる原因となる塩の結晶が溶けたままになるためのようです。

f:id:fujita244:20180730130618j:plain

もう、我が家には25度以下の涼しい場所が家の中にありません。

なので、なんとなく涼しいのですが、とてもひんやりというほどでもない状態が続いています。

肌に直接当てた方が冷たいのですが、ちょっと涼しくなりすぎる感じもして、マットカバーの下に敷いているのがいけないのかもしれません。

おしゃれで涼しいので、もう少し使い続けてみようと思います。

 

 

【ポケGO】はじめて2年経ったのに中だるみです

1年前に書いた記事を見直して、そういえばと思って書きます。

fujita244.hatenablog.com

 

初めて2年経ちましたが、なかなかレベルアップしません。

半年たっても、まだレベル37のままです。

fujita244.hatenablog.com

 

現状は、こんな感じ。

先が長い。

それにしても、この2年ゲームを続けてきて、本当にポケモンGOにはお世話になってきたわけですが、最近の変化というか、機能追加で、ポケモンリサーチやフレンドとのポケモンチェンジなど、色々あって、ついていけてません。

先週末のアンノーンの登場やら、チェックインやらも全くできず。

rocketnews24.com

というか、熱心さに欠けている状況です。

真面目に機能追加に対応できず、週末は麻雀で室内にいることも多いので、外に出ないし、日曜日は大概家の中。

これでは、運動不足に輪をかけてしまうと懸念しているところです。

もうちょっと、真剣に取り組んで、歩き続けたいのですが、何分にも今年は暑くてねえ。

言い訳ばかりで進まないのは、人生も同じですね。

wired.jp

根強く頑張りますか。

【食】ストウブを使って野菜の蒸し煮を作ってみた

結婚25周年記念に、ある方からストウブをいただきました。

 

 

この本も一緒にいただいたのですが、なかなかチャレンジできてませんでした。 

はじめてのストウブ-素材別シンプルおいしいレシピ

はじめてのストウブ-素材別シンプルおいしいレシピ

 

 先日、妻が無水調理にチャレンジしたのですが、やはり野菜がうまい。

https://www.instagram.com/p/Bj09ViphnB-/

頂き物のストウブで妻が作りました。#すとうぶ #銀婚式のお祝いに頂いた #野菜をまるごと #無水鍋調理

 

そこで、昨日、自分でもチャレンジしてみました。

ちょうど、手作りベーコンをいただいたんですね。

毎年、妻の兄が作るんですが、これがうまいんです。いつもは冬なのに、何を思ったかこんな時期に発作的に作ったみたいです。

これをスライスして、ストウブで焼きます。

一旦取り出して、ベーコンの脂の上に、スライスした玉ねぎを敷いて、上から、キャベツの4つ切り、新じゃがの二つ割り、にんにく、ソーセージなどをぎゅうぎゅうに詰めていきます。

ベーコンを戻して、塩の代わりにコンソメ顆粒を振って、蓋を閉めます。

このとき蓋が閉まらなかったんですが、中火で火にかけるうちに、野菜がシナっとすれば蓋も閉まります。

そこから弱火にして20分。

 

こんな感じになりました。

鍋ごとテーブルに持っていて、食べます。

ストウブは、鍋ごとテーブルに持っていくのがいいですよね。

左下にある、とんがら味噌は、木曽の七笑酒造のものです。

これがピリ辛でうまい。

ベーコンからの旨みが野菜にしみて、なんとも言えず美味しい。全部一人で食べそうになりました。

特に、キャベツの芯が甘いんですよね。

新じゃがもホクホクです。

ストウブ流石です。

無水調理で驚きのレシピ革命! ストウブはじめまして

無水調理で驚きのレシピ革命! ストウブはじめまして

 

 

 

 

【旅】木曽漆器祭りに行ってきました(その8:終)奈良井宿から塩尻

藪原宿でお蕎麦を食べるのを諦めた我々は、最後の目的地奈良井宿へと向かいます。

fujita244.hatenablog.com

奈良井宿は、木曽漆器祭りと同時開催ですが、漆器祭りではなく宿場祭り。

shikki-shukuba.shiojiri.com

www.naraijuku.com

古い宿場町の建物が残っている、素敵な街並みが売りです。

そして、祭りのメインはお茶壷道中。

宿場祭のメインイベントは「お茶壺道中」です。
江戸時代徳川将軍家御用のお茶を毎年京都宇治から中山道甲州街道を経由し、江戸まで運んだ道中行列を再現したものです。
当時この行列はいかなる大名行列もこれと同宿することが許されなかったほど、ご公儀の行列としては、大変大きな権威とスケールを持っていたと言われています。 

 童謡・ずいずいずっころばしの中に出てくる「茶壺に追われてとっぴんシャン」が、お茶壺道中のことだと言われているのですが、茶壺を担いだ行列が大名行列よろしく進んできます。

藪原宿でお蕎麦を諦めて奈良井宿について車を駐車場に停め、坂を登って街中に入ったところ、ちょうど目の前にお茶壺道中がやってきました。

https://www.instagram.com/p/BjjFVuHBEY5/

お茶壺道中

この茶壺の駕籠は、下に車輪がついてますね。ずるいぞ。

そして、こちらはちゃんと担いでいる。

動画

いや、ほんと、偶然でしたが、お蕎麦諦めてよかったねえ、と4人で顔を見合わせました。

前の方は大人が、後ろの方が学生が参加しているのですが、一般の方も参加できるようです。

お茶壺道中参加申し込みフォーム | 塩尻市 観光協会 | 時めぐり

一日仕事なので大変そうですが、楽しいかもしれません。

このお茶壺道中を見る人がたくさんいるので、通りはしばらく大混雑。

店を冷やかしつつ、時間稼ぎに中村邸を覗きます。

中村邸 | 見る・遊ぶ | 奈良井宿観光協会 | 懐かしい宿場町へようこそ

中村邸/塩尻市公式ホームページ

櫛問屋中村利兵衛の屋敷で、奈良井宿の典型的な町屋の様式を伝える。
昭和44年にこの建物を川崎民家園に移築する話が持ち上がり、これを機に奈良井宿の町並み保存の機運が高まった。
市指定有形文化財に登録し、一般公開をしている。

ということで、普段は入場料300円ですが、宿場まつり期間中は100円でした。

箱階段を登ったり、櫛の製造行程を見たり、中庭を見たり、なかなか楽しい。

道中が行った後をのんびり宿場街を歩きます。

街歩きで楽しいのは買い食い。

この街ならば、五平餅ですよね。

土日だけ、ご夫婦で開店している団子と五平餅だけの店。

普段は別の仕事をしているらしいです。

奈良井宿 『駒屋』 の当店HP

今、朝ドラの影響で五平餅が人気だそうですが、ここの五平餅は岐阜あたりのとはちょっと違います。

半殺しの米の上にゴマ、味噌、エゴマのタレがかかってます。

お団子も素朴。

五平餅が300円、団子が2本で150円。

その場でお茶をいただきながら食べると、店の雰囲気と店主の感じも含めて、なんとも言えない味わい深い店です。

奈良井宿は、日本最長の宿場町と言われるだけあって結構長くて、歩きでがあります。

見所と建築様式 | 奈良井宿について | 奈良井宿観光協会 | 懐かしい宿場町へようこそ

中山道六十九次の中で、東海道と共有する草津・大津宿を抜いた純粋な中山道六十七宿中(板橋から守山まで)、奈良井宿は江戸側の板橋宿から数えても京側の守山宿から数えても34番目に位置する、中山道の丁度真ん中の宿場町です。

(略)

奈良井宿は日本最長の宿場町であり、中山道沿いに南北約1km、東西約200mの範囲で南北両端に神社が、町並みの背後の山裾に五つの寺院(奈良井五ヶ寺)が配され、街道にそって南側から上町、中町、下町の三町に分かれています。 

本当にいい天気でした。

途中マリア地蔵で有名な大宝寺に寄って、拝観料100円を小屋の中にお賽銭のようにおいていきます。

奈良井宿の中程に位置する大宝寺の境内にある「マリア地蔵」は、子育て地蔵の名をかり、頭なしのその姿は隠れキリシタンたちの悲しい歴史が刻まれています。

 

 

 

 

ゴールは木曽の大橋。

お茶壺道中の一行が右側にいるので、このおじさんが退いてくれないのです。

この後、お茶壺道中がこの橋を渡るのがクライマックスなのですが、中継のカメラがいぱい来ていて見られそうもないので、帰ることにしました。

ここから宿場の反対側になる駐車場までは無料バスで移動します。

食べ損なったお蕎麦をどうしようと考え、平沢のていしゃばに行くことにしました。

関連ランキング:そば(蕎麦) | 木曽平沢駅

平沢に行くたびに見かけてはいても入ったことがなかった店。

国道沿いにあるので駐車も楽ですし。

妻は山菜天ぷらとせいろ。

私はせいろの大盛り。3枚。

あまり期待していなかったのですが、これが実に美味かった。

そばのうまさは麺とともにツユにあると思っているのですが、大抵田舎の蕎麦はツユが薄いというか甘いのでがっかりすることが多いのです。それが、ここのツユはしっかりとダシが効いていて、かえしも醤油の香りが強く、そばの強さに負けないものでした。

天ぷらはもちろんサクサクで地元の山菜が食べられて、妻も大満足。

帰りの電車までまだ時間があるので、平沢の木曽漆器館に寄ってみました。

なんと無料。

内装は変わらぬままで、来館者が多くなったためか、いい具合に汚れて年季が出てました。

木曽漆器館/塩尻市公式ホームページ

国指定重要有形民俗文化財「木曽塗りの製作用具及び製品」3,729点、人間国宝・人間県宝等の漆器作品を中心として、木曽漆器の製作工程や製品に関する道具類・作品・資料を展示。

街中から外れたところにあるので、目につきにくいのですが駐車場も広いし、旅の途中で寄るには良い展示館だと思います。

 

ようやく旅の終わりが見えてきました。

 

あとは塩尻まで戻ってレンタカーを返して、特急の時間まで駅の1階にある食事処で時間を潰しましょう。

ところが、最後に、面白い店に会いました。

塩尻駅の1階にある「ほっとしてざわ」がなかなか侮れない店でした。

関連ランキング:そば(蕎麦) | 塩尻駅

 

とにかくなんでもあるんです。居酒屋メニューからスイーツ、お蕎麦まで。

しかも、入り口付近にそば打ち場所があって、店主が手打ちしてます。

おやきにケーキに、山賊焼でもジンギスカンでも、馬刺しに鹿肉、うな丼まで。

座敷もあって、結構大人数でも大丈夫。これは塩尻駅前に店がないわけだわ。

この店だけでなんでも賄えそうです。

 

さて、8回に渡った木曽旅行もこれでおしまいです。

実に楽しい旅でした。

前回は夫婦二人でしたが、今回は友人と4人だったので、食べるものもバリエーションがあったし、行く先々でもまた別の楽しさがありました。

来年は、皆さんも漆器祭りに行ってみてはいかがでしょうか。

(終)