新宿三光町日乗

見かけたもの、出かけた場所、食べた料理などを写真中心に

【紹介】レシピのないレシピという不思議な本について

会社の仕事に関することなのですが、紹介させてください。

今勤めている会社は、ウェブ制作会社なのですが、なんと今時、上製本を出版しました。

上製本と言っても、知らない人の方が多いですよね。

表紙が厚くて硬い、表装の本です。

しかも春夏と秋冬の2冊。

f:id:fujita244:20190524144044j:plain

f:id:fujita244:20190524144052j:plain

説明用のサイトも当然作っています。
no-recipe.com

 

なんと、アマゾンで売っております。

 

レシピのないレシピ 春夏

レシピのないレシピ 春夏

 

 

 

レシピのないレシピ 秋冬

レシピのないレシピ 秋冬

 

 しかも、1冊6000円(税別)

どんな本なのか。

弊社社長のブログで思いが書いてあります。

blog.livedoor.jp

 

私がプレスリリース用に書いた文章を転載します。

  レシピを紹介する主婦のブログが人気サイトになり、レシピ動画紹介アプリが全盛の時代となった現在、料理を作ることに興味が集まっているようにも思えますが、一方では、飽食の時代と言われてから長く、現代人が食べることへの興味を失っているかのようなニュースも多くあります。

そんな時代に、料理本を出版する意義はどこにあるのでしょうか。

 食の専門家が集まって料理本を作るとしても本に掲載できるレシピには限りがあります。ネット上には無数の料理の作り方があり、いつでも検索して動画で見ることができます。言葉でいくら丁寧に作りかたを書いても伝えられることには限りがあります。紙の本にはスペースの限度もあります。そこで私たちは「紙のプロダクトである本」でなければできないことにこだわりました。

 

 PCとスマートフォンが普及して、家にいくつもの画面がある時代に、情報は圧倒的にウェブ上にあります。でも本は、そこに物質として存在し、情報だけではない「心のありよう」まで閉じ込めているかのようです。この本は「ひとの食欲を引き出すプロダクト」「食べたい欲望を刺激する」ものです。レシピという情報ではなく、その手前に感じたい情動を「レシピというプロダクト」に閉じ込めたかったのです。

 そしてもう一つ、食べることは栄養を摂ることだけでも、生きるための必須作業だけでもなく、美味しいというシアワセに出会うことでもあるということを「検索せずに届けたかった」のです。検索は答えを教えてくれる便利なものですが、検索しなければ出会えないということでもあります。本というプロダクトの持つ一覧性とランダム性が、シアワセとの出会いにふさわしいと考えました。

 

 季節の食材と、その代表的な料理を眺めているうちに、「食べたい」という衝動が、「美味しそう」という欲情が湧いてきて、「これ作って」という声に押されて家庭が幸せに包まれて動き出す。作り方はウェブを見ればいい。そのウェブサイトは用意した上で、幸せのトリガーとなる本を届けたい。

私たちはウェブ制作会社だからこそ「紙のプロダクト」への強い思いと憧れがあるのかもしれません。便利ではない、実用的ではないかもしれないけれども、そういう人生のシアワセに出会える「プロダクト」を作りたかったのです。

 

 この本は、そういうシアワセのバイブル=「一生モノの本」です。自分のためというよりは、誰かにプレゼントするギフトとして使っていただきたいと考えています。例えば、子どもと、そして大切な人と。大切なひとが、大切なことを、くらしの中でいつも思い出せるように。

正直言って、手に取りやすい本ではありません。

値段も高いし、かさばるし、重いし。

でも、手前味噌にはなりますが、その重さ、嵩、そして価格には、作り手の強い思いが込められています。

今時、ここまで強い思いで作られた本があるだろうか、と、私も入社後に、この本の制作に参加することになって、心底思いました。

料理の専門家と一緒に料理を決め、料理撮影の専門家がその料理と素材を撮影し、料理雑誌の編集長だった方が料理ごとに文章を書き、弊社社長が黙読して直し、音読して直し、ゲラになって写真と文章が組み合わさり、隣のページと見比べては直し、何回直したことか。

その上で、3年がかりで出来上がり、ようやく4月15日にアマゾンに並べました。

よろしければお買いください。

私が発送しますので(笑)

 

レシピのないレシピ 春夏

レシピのないレシピ 春夏

 

 

 

レシピのないレシピ 秋冬

レシピのないレシピ 秋冬

 

 

 

【2020】オリンピックチケットは変更が効くけど一度取り消さないといけないというのは知っておいたほうがいいですよ

来年の東京オリンピックに向けて、チケットの予約が始まりましたね。

ticket.tokyo2020.org

開始当日は、繋がらないとか何万人待ちと言ってましたが、すっかり落ち着いたようです。

多くの競技があり、施設も多いので、どこに行くのか迷っている方も多いのではないでしょうか。

www.asahi.com

 

競技で選ぶか、日程で選ぶか、会場で選ぶか、いろいろな楽しみ方がありそうです。

それにしても、まずはチケット確保が必要です。

細かいことは、説明しているサイトを見るといいと思います。

www.footballtickets-by-gakuseimiler.com

たくさんありますし。

 

今回、私が申し込んだのは、ボート、馬術、女子ゴルフ。

妻の友人が見たいと言ったボート、妻が見たいと言っている馬術、自分で見たい女子ゴルフということになります。

IDについては事前登録しておいたので、面倒くさい電話による本人認証さえクリアすれば、あとはサイトでポチポチするだけなので、それほど面倒ではありません。

 

ただ、あ、これも買いたいとか、この日程変えたい、となった時にタイトルで書いたように、一度全部取り消して、もう一度申し込まないといけないという仕組みは面倒な感じがしました。

まあ、一度本人認証してあれば、取り消して、再予約する際には電話認証はないので、そこは楽なので、今のうちに考え直したりして、本当に行きたい競技のチケットを申し込みしておいてはいかがでしょうか?

何と言っても当たったらば、チケットは一括購入でキャンセル不可ですので、悩むのは今のうちという気もします。私も、申し込んだのはいいんですが、それはそれで戦々恐々というのはあります。

 

申し込み締め切りは5月28日まで。抽選は6月20日

f:id:fujita244:20190523130711j:plain

当たるかなあ。

【令和初散歩】目黒雅叙園から目黒不動に行ってきた

コンニチレイワ。

元号が変わりましたね。

そのことはまあどうでもいいんですけど、せっかくの10連休なので土曜日にお出かけしてきました。

妻と行ったのは、目黒。

目黒駅から行人坂を下りて、目黒雅叙園へ。

行人坂という名称は、湯殿山の行者(法印大海)が大日如来堂(現大円寺)を建て修行を始めたところ、次第に多くの行者が集まり住むようになったのでつけられたという。

また、この坂は「振袖火事」「車町火事」と並ぶ江戸三大火のひとつ(行人坂火事)とも関連して知られている。行人坂火事は明和9年(1772年)2月、行人坂の大円寺から出た火が延焼し、3日間も燃え続けたというものである。明和9年の出来事であったので、だれいうとなく「めいわくの年」だと言い出したので、幕府は年号を「安永」と改めたといわれている。 

www.city.meguro.tokyo.jp

 

そう元号と言うのは、こう言う時に変えたものだったのですね。

それに比べると、今回の改元は、全く平和なもので、何よりです。

 この坂の下には、今は橋の名にしか残っていない「太鼓橋」があったことで知られています。

f:id:fujita244:20190504183615j:plain

歌川広重1857年に描いた太鼓橋。左手には急勾配が描かれている

 

この行人坂を下りたところにある目黒雅叙園内の百段階段で開催中のイベントに行ってきたのでした。

www.hotelgajoen-tokyo.com

百段階段は、東京都指定有形文化財の名建築。

「百段階段」とは通称で、ホテル雅叙園東京の前身である目黒雅叙園3号館にあたり、1935(昭和10)年に建てられた当館で現存する唯一の木造建築です。 食事を楽しみ、晴れやかな宴が行われた7部屋を、99段の長い階段廊下が繋いでいます。 階段は厚さ約5cmのケヤキ板を使用。 階段で結ばれた各部屋はそれぞれ趣向が異なり、各部屋の天井や欄間には、当時屈指の著名な画家達が創り上げた美の世界が描かれています。 

一部屋づつが見事な彫刻や絵画で装われているのです。

これは一見の価値ありという建築です。

階段の上からだと全くわかりませんが、そこは実物を見に行っていただきたいです。

https://www.instagram.com/p/BxBlvcXAg_2/

百段階段の一番上から

 

その美しい部屋ごとに趣向が凝らされた猫の世界が展開されています。

フェルトや石などの素材の違いもあり、ストーリーやキャラクターの面白さも様々で、実に面白く、なかなか楽しめました。

もちろん雅叙園自体も優雅な建築の宝庫。

https://www.instagram.com/p/BxBg7ftAG9S/

厳か

そこから今はただの橋になった太鼓橋をとおって、次のポイントへ。

その前に通りかかった蟠竜寺でイベント開催中。

kohgen.org

色々イベントを開催中だったのですが、蟠竜寺も五百羅漢も有名だけど、あまりよらない場所なので、見られてよかった。

やはり良いお寺さんでした。

そして、さらに歩いて本日のもう一つのポイント。

目黒不動尊こと瀧泉寺へ。

https://www.instagram.com/p/BxBoyD9gIq2/

目黒不動

やはり立派な寺社でした。

www.tendaitokyo.jp

そして、目黒不動のHPがなかなか衝撃的でした。

park6.wakwak.com

もう昭和感たっぷりです。

インターネット老人会的には、ツボにはまりまくりです。

それはそれとして、三大不動って色々ありますよね。

 関東最古の不動霊場として、熊本の木原不動尊、千葉の成田不動尊と併せて
日本三大不動の一つに上げられます。 

 ということらしいです

それにしても、境内には多くの神様がいらして、本当にテーマパークのようでした。

この鳥居は、山王鳥居。珍しいですよね。

https://www.instagram.com/p/BxBphXBgW7i/

いい天気

まあ境内の様子は、こちらで。

ja.wikipedia.org

 

目黒不動に感動した私たちは、お茶でもと歩いたのですが、ちょっと遠かった。

目黒不動の横は坂で、駒沢通りに向けて登ってるんですよね。

さらに駒沢通り沿いを、元競馬場前あたりから目黒消防署まで歩きます。

そこで見えてくるのが、こちら。

www.mikadoya-agemanjyu.co.jp

中で揚げまんじゅうを食べることもできます。

私は出来立ての揚げ餅にタレをかけたものを。

左は、白味噌タレ、右は大根おろし

https://www.instagram.com/p/BxBv1R5gn1Y/

あげたれ餅

美味しゅうございました。

 

ここから目黒駅までは歩くのは無理ということでバスに乗って。

権之助坂を登るのは辛かっただろうと思います。

東京は坂が多いということを改めて思い知りました。

これで大体1万歩でした。

【平成最後の日】どんな30年間でしたか?

なんとなく、平成を振り返ってみます。

実は、私の最初の転職が1989年1月1日付でした。

大学を卒業して入った会社を辞めて、表参道のマーケティング・プランなどを行う会社に入ることが決まったのが、1988年の秋。会社を辞めるのに3ヶ月かかって、ようやく年内いっぱいでの退職で折り合った頃、昭和天皇は危篤状態でした。

落ち着かない年末年始を過ぎ、1月4日に入社し、なんとか新会社で平日を過ごした後、土曜日に天皇崩御したニュースがありました。

そして、テレビで小渕官房長官(当時)が「平成」の額を掲げたのを見ていました。

1月1日付の入社だったので、私の健康保険証は、しばらく昭和64年1月1日付だったものです。何となく、新しい日付の保険証になるのがためらわれた程度には、昭和という元号に馴染みというか、未練があったのかもしれません。

f:id:fujita244:20190430113707j:plain

そこから平成はバブルの時代に入ります。

特に仕事で良い思いをしたわけではありませんが、世の中が浮かれていたのに合わせるように南青山の会社で夜中まで働いて、青山霊園横の坂を下って高樹町交差点あたりに出て飲んで、朝になってから帰って、仮眠して9時には会社に到着という暮らしを続けていたように思います。

六本木でも新宿でもタクシーは朝4時まで捕まらず、1万円を振るようにしてタクシーを止める人が本当にいた時代。自分の給料はそんなに増えたわけでもないのに、周りに煽られるように金遣いが荒くなって困りました。

その頃、ある勉強会で知り合った京都に本店がある建築会社のSさんと、キラー通り近くにあった彼の事務所兼住居で月に一度の異業種交流会を開催し、多くの人と知り合いました。その中の一人が、今の奥さんな訳ですが、その話は置いておいて。

最初は、10人足らずの参加者だった異業種交流会ですが、当時、こうした会社員が終業後に参加するイベントがブームで、私たちの会もリクルートの雑誌に紹介されたりして、いつの間にか、50人、100人という参加者の申し込みに追われるようになりました。いつの間にか、本業よりも、会場を予約し、参加者リストを作り、当日の講演を依頼しという活動の方が忙しくなったSさんが、ある日叫びます。

「やめた!こんなことに時間使うために東京に来たんやないんや、俺は!」

ひな祭りイベントと称して、女性ばかり50人程度の参加者が来た会を開催した後の打ち上げだったでしょうか。

「そうだよな。もっとこじんまりとやろうよ。昔みたいに」そう賛同した私でした。

異業種交流会で知り合った男女が結婚したり、会がきっかけで転職した人がいたり、いろんな人生が交差した会を主催していたSさんは、その後、バブル崩壊の後、京都に戻りました。東京で顧客開拓をした貢献で、本社に戻って出世したとかしないとか。

その後、私と妻が結婚したのが、93年。

その年に、令和天皇となる皇太子・浩宮が雅子さんと結婚しました。

それから25年。

昨年銀婚式を迎え、つつがなく暮らしています。

その間に、妻は3度転職しましたが、今の会社には15年以上になります。

私は、会社が南青山から天王洲に変わり、関連会社と合併して芝浦に移り、その後、役員になり、会社が解散し、フリーを1年やって、研究分野のマネージャーになり、色々あって、今は神保町でウェブ制作会社にいるというわけです。

住まいも、結婚当初は三軒茶屋で、弦巻に越して、新宿に移ったのが2000年。

それから19年。今も新宿住まいです。

生まれてから、1箇所に一番長く住んでいる場所になりました。

平成時代というよりも、私にとっては新宿時代とも言える、この19年が、大きく変化した時代でした。

仕事も遊びも楽しくやっていたのが、仕事も苦しくなり、遊びも辛くなり、いろいろなことがありました。

特に東日本大震災後には、大きな変化があった友人達も多かった。

銀座のお店を閉めて、働き方、生き方を考え直し、南青山で再出発したママ。

いくつかのお店で歌っていたのが、そのうちの一件のオーナーから店を譲られて、オーナーママになった歌姫。

震災が大きな転機になった方は多いかと思いますが、私の周りにも、転機を迎えた人が多くいました。

仕事以外で言えば、サイエンスコミュニケーション関係の会に参加して、イベントに参加したり、いろいろな方と知り合ったりしたことが大きかった。

それも、東日本大震災というか福島原発事故問題で大きな転機を迎えたように思います。

サイエンスコミュニケーションは原発事故に当たって何をしたのか、どうあるべきか、というような問いが苦しく迫り、苦い現実と向き合い、答えを求められる中で、それまでの活動をやめたり、変えたりした方もいました。

私も、転職して科学研究分野の当事者となっていたのもあり、自由な発信が出来なくなっていきました。それまで、科学政策批判や研究成果の発表に関する分析などをブログに書いていたのが、ある種の中の人となり、その役割も難しくなりました。

そうしたブログを通じて知り合った多くの方々との交流も、なんとなく薄れていきました。

そう平成の変化という点では、仕事のアナログからデジタルへの変化、そして、このブログやSNSという点も見逃せません。

1989年に転職した会社では、仕事の情報収拾にNiftyServe というパソコン通信を使っていました。

パソコンでアメリカの図書館などから論文や関連書籍を取り寄せたり、日本のニュースを検索したり、という情報収拾の仕方は、それまでとは違う画期的なものでした。

 pc98につないだ音響カプラーを使ってダイヤルアップアクセスをして、データはカセットテープにダウンロードし、検索結果をドットプリンターでプリントアウトしていたわけです。報告書や提案書をワープロ専用機OASYSで作って提出すると、その綺麗さに驚かれた時代です。

それでも、この頃はまだ多くの情報は、都立中央図書館に行って、書籍や新聞のコピーを集めたりしていたものです。

1990年当時、仕事用にAppleの画面一体型パソコンを一人一台持つ環境は、革新的なものでした。

写植屋さんに原稿を持っていき、上がってきた写植をトレスコ(トレーシングスコープ)で拡大したりして見出しを作り、レイアウトシートに貼って版下を作っていた前職での仕事ぶりとは全く違う先進的な仕事をしている気になったものです。

やっていたのは、まだまだ上司の企画書の清書レベルでしかなかったのですが。

そこから会社にパソコンが入り、ワープロが駆逐されワードで書類を作るようになり、版下づくりはDTPになり、パソコン通信はインターネットになり、あっという間に仕事環境は変わります。

本体とプリンターを揃えると100万円越えだったMac は一人一台のものになり、就職には自宅電話が必須だからと8万円以上出して買った電話の権利は紙くずになり、ポケットベルからPHSを経て、一人一台どころか複数台の携帯電話を持つ時代になりました。

全て、平成になって10年くらいにものでしょうか。

そして、1999年を迎え、ノストラダムスの大予言は全く訪れず、2000年問題を迎えることになるのでした。

徹夜で待機した人も多かった2000年も無事に超えたのに、平成から令和になろうとする中で、ATMが誤作動しているらしいですね。

nlab.itmedia.co.jp

 

デジタル時代でも、プログラムを作るのは、まだまだ人間なわけで、しかも、昔作ったシステムに秘伝のタレのように継ぎ足されているものも多いんでしょうから、きっとどこかにバグは埋まっているのでしょう。

それが旨味になっている、というわけはないですかね。

 

なんとなく、平成昔話を書いていたら、結構思い出してきて楽しいのですが、これ終わりそうもないので、この辺で。

総じて言えば、平成は面白かったです。

いろんなことがあったし、大きな変化に立ち会えた気がします。

これから、どういう変化が令和に訪れるのかわかりませんが、きっと、それも楽しいのではないかと、インターネット老人会なおじさんは思うわけです。

そして、その楽しさは、きっと人間が中心にいるからなんではないかなと。

人との出会いがやっぱり一番楽しいし、面白かったなと、平成を振り返って思う次第です。

 

 

 

 

 

【ポケモンGO】スペシャルな週末を過ごしました

先週末は、なかなかにスペシャルなウィークエンドでした。

土日続けて、第2回Pokemon Go Special Weekendで、第1回に参加しそこなった私は、万全の用意で臨んだわけです。

伊藤園セブンイレブンの参加券をゲットして、両日参加しました。

japanese.engadget.com

もちろん、アンノーンは全種類ゲット。

それと、この週末でようやくスペシャルリサーチが完了しました。

長かった。

https://www.instagram.com/p/Bv5le1YAx6S/

やっと終わった

最後に、カブトをゲットしろとか無理指令がありましたが、これは、フィールドリサーチのリワードでゲットできました。

そして、ようやくメルタンゲット。

進化の道筋が長そうです。一緒に歩いても、20キロでアメ一個ですからね。

まあ、でも少し安心。

次は、とりあえずレベル40にならなきゃな。