新宿三光町日乗

見かけたもの、出かけた場所、食べた料理などを写真中心に

【元気です!北海道】阿寒でアイヌ芸術の現在に触れる(ゴールデンカムイスタンプラリーその10)

釧路を出発して、市内を車中から眺め、阿寒湖へ向かいます。

fujita244.hatenablog.com

釧路を代表する名所/幣舞橋を通って、釧路市立博物館と同じ毛綱毅曠氏の設計である釧路フィッシャーマンズワーフMOOを横目に見て、1時間半移動して、阿寒湖畔に着きました。

阿寒湖畔の吉田屋で昼食です。

1階が土産物屋で2階、3階は団体のお食事どころ、という最近めっきり減ってしまった懐かしい感じのお店です。

昔は、観光地といえば、こういうお店がたくさんありましたが、旅行の中心が団体旅行から個人旅行へと移る中で、今では少なくなっているそうです。最近は、中国人観光客向けとかインバウンド対策で団体旅行の受け皿が減っているらしいので、新たな道があるようにも思います。

マスとホタテのお刺身。

ざるつけ麺はゴマだれで。これを鍋に入れても美味しいそうです。

石狩鍋ですね。鮭のオハウではありません。

わかさぎの天ぷら。阿寒湖の名物ですね。

ja.kushiro-lakeakan.com

食事を食べたらば、少し周辺を散策。

厚かった雲が少し薄れ、青空が見え始めました。

阿寒湖といえばマリモ。

マリモといえば、もっこりです。

そして、阿寒湖畔からほど近い阿寒湖アイヌコタンにあるチェックポイントの阿寒アイヌシアターイコロにて13時30分からのステージを見学です。

ここではまずアシリパさんの第二形態をゲット。

VRも置いてありました。子供達が夢中で見ているのが微笑ましい。

阿寒湖アイヌシアター〈イコㇿ〉 - 阿寒湖アイヌコタン阿寒湖アイヌコタン

日本初のアイヌ文化専用劇場として2012年にオープン。室内ながらも、アイヌ文化には欠かせない火と水を用いて上演される作品は迫力満点!!中でも『アイヌ古式舞踊』はユネスコ世界無形文化遺産になっており、自然と共存してきたアイヌの人々の暮らしから生まれた歌や踊りは一見の価値アリです。 

ja.kushiro-lakeakan.com

阿寒湖アイヌシアター『イコ』では、その中からひがし北海道に伝わるさまざまな踊りを上演しています。特に、鶴の動きをまねて踊るサロルンリムセ(鶴の舞)は古式舞踊を代表する踊りです。

アイヌの踊りや演奏は白老でも見ているのですが、ここの人たちに感心したのは、本当に踊りや演奏が好きなんだなというのが伝わってくること。仕事でやってますというのではない感じと言うのでしょうか。

この日も、ムックリの演奏でマイクが入らないというアクシデントがあったんですが、瞬時にマイクを離れて客席の方によってきて音を聞かせてくれるなんてこともありました。 あと踊りの最中の笑顔が良かったですね。

最後に、観客も参加して踊るんですが、思わず参加してしまいました。楽しかった。

簡単な踊りなので、皆さんも参加するといい思い出になると思います。

時間があればイオマンテも見たかった。

終了後は、アイヌコタンを散策。

 

昔は、このアイヌ文化伝承館で踊っていたんだろうなと思うようなステージも中にありました。ここは無料なので見ると楽しい。

ボロボロの看板ですが、昔は、こう呼ばれていたんだろうなと感慨深いものがあります。

次は、最後の目的地網走に向かいます。

その途中、素敵なことがありました。

虹が出たんです。

地平線から伸びる虹というのも見応えがあります。うっすら二重になっているんですが、写真では分かりにくいですね。

さらに、ひたすらまっすぐ行くと途中こんな場所もあります。

ようやく北海道らしい青空が見えてきました。

さらに北へ向かいます。(続く)

 

 

 

 

 

 

 

【元気です!北海道】釧路で学芸員さんの熱い思いに触れる(ゴールデンカムイスタンプラリーその9)

帯広で最終日の朝を迎えた私たちは、まず2時間半かけて釧路に移動します。

fujita244.hatenablog.com

釧路市立博物館は、春採湖越しに海まで望める高台に建つ、地元出身の名建築家・毛綱毅曠設計の釧路が誇る博物館。

www.city.kushiro.lg.jp

建物のデザインは、地元出身の建築家、毛綱毅曠氏によるもので、タンチョウが両翼をひろげた形をイメージし、この作品は、日本建築学会賞に輝きました。また、博物館内の展示は、通産大臣によるディスプレイ産業大賞を受賞しています。

ここでは、谷垣ニシパこと秋田のまたぎ谷垣をゲット。

釧路市立博物館も学芸員の方の案内で館内を見て回るのですが、そこで聞いた説明で一番傑作だったのは、釧路市立博物館の魚類担当学芸員ゴールデンカムイ の大ファンで、作家にラブコールを送っていた話。その熱意に答えて、野田サトル氏も現地に取材に訪れたそうです。

作中の釧路編といえばシャチだのカメだの海の生き物がたくさん出てきますが、その原点は魚類担当学芸員さんの熱意だったのかもしれません。

館内にゴールデンカムイ とともに作家のサインが飾られ関連が解説されています。

作家のイラストが、2016年の月形町あたりと変わった感じがする2017年の色紙。

マリモの上にもっこりな人を乗せてみました。

作中でも漁の模様が出てくるので、船の上に杉元。

帆の文様が美しい。アシリパさんのパネルとともに杉元。

動物の剥製が数多く展示されている施設で、学芸員のとにかく実物を見せたいという気持ちが伝わります。丹頂鶴は食べるとまずいらしいので、アシリパさんと。

博物館の周辺は公園になっていて、春採湖だけではなく海まで望めます。

このキタランケのように、かつての釧路アイヌの人たちも、この景色を見たのでしょうか。

博物館内に色んな形で出てくるキャラクターは、建物の形を模しているそうです。

北海道が蝦夷地と呼ばれた江戸時代に釧路はアイヌ語で「クスリ」と呼ばれました。その意味として「越える道」「のど元」などといった説があります。

釧路アイヌと呼ばれる人々は、釧路川流域を生活の基盤としており、江戸時代の終わり頃、5、6軒で構成された村が、10数ヶ所あったと記録されています。

釧路市立博物館にも多くのゴールデンカムイ ファンが訪れていて、高速が阿寒まで通ったこともあり、札幌ナンバーなど遠くのナンバーをつけた車を見かけることが多くなったと博物館の方はおっしゃっていました。

札幌まで300キロくらいですからねえ。

4時間までかからなければ特急より早いですからね。

北海道の人なら車できちゃうんだろうな、それくらいの距離は。

我々も距離と時間にだいぶ麻痺してきています。

次は、阿寒湖へ向かいます。(続く)

 

 

 

 

 

 

 

ゴールデンカムイ コミック 1-14巻セット

ゴールデンカムイ コミック 1-14巻セット

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

【元気です!北海道】帯広で北海道料理を堪能した件(ゴールデンカムイスタンプラリー番外編)

スタンプラリーの初日から1週間経ってしまいました。

あまりにも強烈な経験で、もっと昔のような気がしております。

fujita244.hatenablog.com

fujita244.hatenablog.com

1日に370キロ以上バスに乗って帯広に到着した我々は、ホテルに荷物を置いて、食事に出かけました。

訪れたのは、一心本店。

帯広で活躍する企業の運営だそうで、十勝の生産者による野菜、十勝の魚や肉など地元のものにこだわっています。

www.aimcompany.info

テーブルに置かれたシートを見て気分が盛り上がります。

が、これがきょうの料理ではなく、北海道らしいものでコースだそうです。

まずは、サッポロクラシックで乾杯。

豚しゃぶサラダから。(4人前)

焼き鳥、焼きトン3種(4人前)

お刺身は5種盛り(写真は4人前)

ザンギ。

そして、ジンギスカンです。

野菜の上に乗せるタイプの焼き方。

最後に、握り。

しかし、是非、この店自慢の一品が食べたいと追加した方が。

この卵焼きの上に、

ここに大盛りのカニが乗ります。

これが、一つのパフォーマンスになっていて、お店自慢らしいです。

締めはアイスクリーム。

お腹いっぱいです。

ごちそうさまでした。

【元気です!北海道】ゴールデンカムイスタンプラリー2日目まとめ(小樽〜夕張〜平取〜帯広)

1日目同様まとめておきます。

fujita244.hatenablog.com

まずは、札幌から小樽へ

fujita244.hatenablog.com

小樽から夕張へ

fujita244.hatenablog.com

夕張から平取へ

fujita244.hatenablog.com

そして、この後帯広へ向かったわけです。

高速がなければこんな移動はしませんよね。

この日の移動距離は、結局、373キロメートル。

バスに乗り疲れてきました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

【元気です!北海道】平取でアイヌ文化の真髄に触れる(ゴールデンカムイスタンプラリーその8)

夕張を出発し、次に向かったのは平取町。びらとり、と読みます。

fujita244.hatenablog.com

 

平取の二風谷博物館では、パネルによるスタンプアリーを独自に開催しています。

平取町オフィシャルサイト|「TVアニメゴールデンカムイ パネルスタンド展&スタンプラリー」「Feel the アイヌ」同時開催

10月6日には二風谷生活館でアイヌ文化の食体験を行います。 「TVアニメゴールデンカムイ パネルスタンド展&スタンプラリー」「Feel the アイヌ」同時開催!!! 

期日 10月6日~ 21日 10:00~17:00

16時頃についたのですが、ギリギリ間に合ったので、我々もスタンプラリーに参加しました。

 

平取町立二風谷アイヌ文化博物館からスタンプシートと案内マップを貰いましょう。

②各施設を回ってスタンプをゲット。総てスタンプを押し平取町アイヌ工芸伝承館でコンプリートスタンプを貰いましょう。ルート最後の場所、共同作業所でアンケートにお答え頂くと記念缶バッヂを贈呈(数量限定)

③パネルスタンド&スタンプ配置場所 平取町立二風谷アイヌ文化博物館・アイヌ文化情報センター・沙流川歴史館・ポロチセ・男の手仕事チセ・女の手仕事チセ・平取町アイヌ工芸伝承館

www.town.biratori.hokkaido.jp

この自販機にすでに味があります。

素晴らしいデザインの博物館で、まずは簡単にご案内をいただきます。

ここでゲットしたのは、キロランケ。パネルとスリーショットにしてみました。

キロランケが持っている小刀(マキリ)のデザインは、この二風谷で実際に作ってもらったものを模しているとか。 

ここでも野田サトル氏の取材が素晴らしく、実物を映した絵になっていることがわかります。

 当館においてご覧いただく展示品は、その多くが沙流川流域のアイヌ文化を学ぶための標識的な資料として活用されています。重要有形民俗文化財「北海道二風谷及び周辺地域のアイヌ生活用具コレクション」をはじめとしたアイヌの民具、重要文化的景観にも選定されたチセ群のほか、数多くの視聴覚資料、関係図書等が納められています。 

ここ二風谷は、アイヌの聖地として有名で、実はすぐ後ろの沙流川にダムを作る際にダムの底に沈んだ遺跡を調査した結果が、沙流川歴史館の方に展示されています。

チャシ跡の調査の様子や、町内の遺跡で発掘された遺物の展示から始まり、今と昔を再現したジオラマ、二風谷遺跡他の収蔵品展示。沙流川の自然から人との関わりまで楽しく学べます。

博物館の前に立っている9棟のチセは、観光用ではなくアイヌ文化伝承のためで、チセに必要なカヤも作り、チセにまつわる祭祀や儀礼などを受けつぐために建っています。

アイヌ文化発祥の地であり、アイヌの伝統が色濃く残る平取町二風谷地区。アイヌ語では、「ニプタイ」木の生い茂るところという意味です。その名の通り、光あふれる春から夏、彩り深める秋、そして白い世界へと、四季折々の表情を豊かに映す沙流川流域の森で、自然を尊び、自然から学び、自然と共に生きる二風谷ならではの文化が、現在まで脈々と引き継がれています。アイヌ文化伝承を目的に復元されているチセ(家)は、その象徴的な存在。集落はコタンと呼ばれ、チセを建てる前後には儀礼が行われていました。二風谷では、チセの復元をはじめその儀礼アイヌ語アイヌ口承文芸、神々への祈りの儀式や祭り、アイヌ古式舞踊、生活用具、そして工芸品の技術などが、大切に伝えられています。アイヌ独特の文様や口承文芸(ユカラ)は、北海道遺産に選定されている他、代表的な工芸品である「二風谷イタ」(盆)と「二風谷アットゥシ」は、2013年に経済産業省の伝統工芸品に北海道で初めて指定されました。アイヌ生活様式や精神性と合わせて、あらためて二風谷の伝統工芸、アイヌ文化に対しての関心が高まっています。  

nibutani.jp

説明するときりがないのですが、是非、こうしたサイトも見て、実際に二風谷にも行っていただきたいと思います。ちょっと千歳とか札幌から遠いですが、それだけの価値があります。

一番大きなチセの中は、意外に暖かく、板張りとは違うカヤばりの良さを感じます。

スタンプラリーをして回っているうちに雨が上がり、虹が出ました。

作者のサインは博物館ではなく、工芸館の方にありました。

二風谷では、アイヌ文化の伝統が継承されるように毎年チプサンケという祭りを実施し、50年になるそうです。アイヌ文化は文字がないので、こうして実際に行わないと受け継ぎにくいものでもあります。川を渡る船(チプ)とそれにまつわる歌、語り、祭祀、踊り、全てが文化として継承されるには祭りは欠かせません。

それを続けるエネルギーがある街だから、アイヌ文化の聖地と言えるのでしょう。

スタンプラリーは、すでに閉店していたチセがあったのでコンプリートならず。

紅葉の平取町二風谷を後にして、我々は、今夜の宿がある帯広市に向かいます。

ここからが長かった。(続く)

 

 

 

 

 

 

 

ニシパの恋人ミートソース

ニシパの恋人ミートソース