新宿三光町日乗

見かけたもの、出かけた場所、食べた料理などを写真中心に

【散歩】浴衣でカッパに会ってきました

毎年、友人たちと浴衣で東京散策を楽しんでます。

去年は、両国を8月に歩きました。

fujita244.hatenablog.com

お盆時期の暑さに閉口したので、今年は7月開催。

でも東京は、7月がお盆なんですよね。

https://www.instagram.com/p/BWjg657lLkH/

盂蘭盆会でお下がりをいただきました。

 

浅草の一つ手前の駅、田原町で降りて、東本願寺にお参りしました。

東京の東本願寺もさすがの大きさで、圧倒されます。

当日は盂蘭盆会ということで公開法会を行い、麦茶とおにぎりのサービスもいただきました。

そこから目指すは合羽橋通りの道具街。

www.kappabashi.or.jp

9人で行ったのですが、それぞれ目指すものも違うので、ここで一旦解散し、45分後に集合ということにしました。

f:id:fujita244:20170715142630j:plain

もちろん、こういう皿やお店用の看板など、道具探しも楽しいのですが、この街の看板建築や店構えも楽しいものです。

https://www.instagram.com/p/BWjjelilT7R/

壁になんかいる

また、合羽橋ということで街角にカッパのオブジェがあちこちにあります。

https://www.instagram.com/p/BWjkQpLFRT1/

かっぱ多め

 

合羽橋の謂れについては諸説あるそうですが、この街には川太郎の説明もある金色のカッパの像もあるわけで。

f:id:fujita244:20170716101319j:plain

今から約180年前の文化年間、合羽川太郎(本名合羽屋喜八)は、この辺りの水はけが悪く少しの雨ですぐ洪水になってしまうのを見かね、私財を投げ出して掘割工事を始めました。なかなか捗らない工事の様子を見ていた隅田川の河童達は、川太郎の善行に感動して夜な夜な工事を手伝ったそうです。そして、なぜか河童を見た人は運が開け、商売も繁盛したといいます。

なので、この後はカッパ寺へお参り。

f:id:fujita244:20170715150715j:plain

こちらなんですが、カッパの像というよりも絵巻があるようです。

このお堂の中をのぞいて見てください。もちろんお参りとお賽銭は忘れずに。

f:id:fujita244:20170715150319j:plain

みんなでお参りしまして、最高気温34度の中ですので、この後は喫茶店で休憩。

f:id:fujita244:20170715153128j:plain

マンゴースカッシュを飲みました。

 

さて、かっぱ橋本通りというこの通りは、スカイツリーが真正面です。

f:id:fujita244:20170715145940j:plain

また、喫茶店のすぐ前に台東区のミニバス「めぐりん」のバス停があったので、100円を払って乗車。浅草雷門へ。

雷門が工事中で写真になってます。

https://www.instagram.com/p/BWjvCPbl0-8/

雷門が

それにしても相変わらず海外の方が多く、また、レンタル浴衣なんでしょうか、浴衣を着た方も多かったですね。

浅草寺盂蘭盆会なので施餓鬼棚を設けたり、特別な感じです。

この日にしたのは偶然なのですが、いい日にお参りしたなと思います。

最後は、予約した店で打ち上げ。

https://www.instagram.com/p/BWj0CDglJb_/

本日のお食事処

宮戸川 浅草店
宮戸川 浅草店
ジャンル:江戸下町料理
アクセス:都営浅草線浅草駅 徒歩3分
住所:〒111-0032 東京都台東区浅草2-7-13(地図
周辺のお店:ぐるなびぐるなび 浅草×居酒屋
情報掲載日:2017年7月16日

 

江戸下町料理のコースにしたのですが、実にリーズナブルで、天つゆや煮物も予想よりも上品な(江戸前の醤油強めではなく)出汁が効いた薄味の料理でした。

9名で2階の座敷を貸し切った感じになり、他の客に遠慮せずに話もでき、仲間内の楽しみを満喫できて非常に良かったです。

盂蘭盆会で新盆を迎えた知り合いも多かったんですが、いい1日になりました。

【観た】永六輔追悼「夢で逢いましょう」at南青山マンダラ

7月14日19時30分開演のイベントを観に、南青山マンダラに行ってきた。

f:id:fujita244:20170603212259j:plain

女優の中村まり子、歌手のクミコ、フリーターこと漫談/コントのオオタスセリという一見何の共通点もなさそうな3人が永六輔さんの1周忌の追悼公演をするという。

この3人は、実は、永六輔さんが存命の時にも公演をしていた。

tf244.blog107.fc2.com

2009年8月24日だった。早いもので、もう8年も前なんだ。

こういう時はブログに書いておくと思い出せていいですね。

 

何でこの3人が永六輔さんの追悼公演をやったのかは、この記事を読んでいただきたいけど、記事の最後に「それにしても、永六輔さんの生前葬に見えたのは、偶然だろうか。」と書いているのが今度は、本当に追悼公演になったわけです。

 

舞台に大きな永さんの写真を置き、その前で、クミコさんが永さん作詞の名曲を歌い、まり子さんが永さんが作った一人芝居「もしもし母さん」を実相寺昭雄監督から譲り受けた(正確には、実相寺夫人である女優の原知佐子さんから)「黒電話」を使って演じ、オオタスセリさんが「ストーカーと呼ばないで」を弾き語るという、贅沢なんだか迷惑なんだか(byオオタスセリ)わからないような内容。

 

今日15日は2回公演だそうですが、まだチケットはあるかもしれません。

suserin.exblog.jp

 

グタグタな進行も微笑ましく、まり子さんと田村連さんのデュエット(二人の銀座)も聞けて、私は大満足でした。何回見ても「もしもし母さん」は泣けます。

 

最後に、永さんのお孫さんの本を買って帰りました。

 900円だし。

大遺言:祖父・永六輔の今を生きる36の言葉

大遺言:祖父・永六輔の今を生きる36の言葉

 

 ゆっくり読もうと思います。

 

【追想】利根川先生と私

理化学研究所脳科学総合研究センターの利根川進センター長が退任すると発表された。

www.jiji.com

利根川先生と言えばノーベル賞受賞者でありながr、受賞テーマである免疫機構から、その研究テーマを脳に変えて、大きな業績を上げてきた分子生物学者だ。

大きな成果を上げた研究テーマを続けずに、次の分野にチャレンジするというのはありそうでなかなかないことで、しかも、その新分野で成果を出すというのもすごいことだ。

そんな利根川先生とはなぜか、私の人生と数回交差することがあったので、人生の記録として記しておきたい。

最初にお目にかかったのは、当時の仕事でのインタビューだった。

2001年4月4日に野茂英雄レッドソックスでの初登板でノーヒットノーランを記録したその日(野茂英雄 - Wikipedia)。私は、ボストンの街を翌日のインタビューのことを考えながら歩いていた。

そのインタビュー相手というのが、利根川先生だった。

当初のアポイントメント時間は、11時から12時まで。ところが朝9時から始まった会議が押してしまい、同日の17時から再度インタビューすることになった。

16時30分くらいに研究室に行くと、隣の部屋から大きな声が聞こえている。利根川先生が話しているらしい。秘書に聞くと、朝9時からこの調子だという。会議の9割は利根川先生が話している。決して流暢ではない英語だが、相手に口を挟ませない迫力が感じられた。そんな人にインタビューすると思うと、ますます緊張が増してくる。

18時頃ようやく終わった会議の後、休憩しますかといった私を制して、すぐに始めましょうと利根川先生が言ったのを合図にインタビューを開始した。

私が一言質問すると、その返事が10分以上。その繰り返しで、あっという間に2時間が経った。予定していた内容を聞き終わり、インタビューを終えようとした私に、利根川先生は短かったね、と言った。そんなことはない。

インタビューをまとめた記事は掲載した分だけで約2万字。それでもインタビューで聞いた分量の1割以下だった。

そのインタビューは私が編集者として加わっていた科学情報誌に掲載された後、利根川先生が推薦してくださって岩波新書にも掲載された。

 

私の脳科学講義 (岩波新書)

私の脳科学講義 (岩波新書)

 

 後にも先にも、あれほど準備して臨んで、緊張した仕事はなかった。

そして、その後、奥様の吉成真由美さんにも何度か原稿をお願いすることもあった。

 

時は流れ、私は編集者から研究の世界に飛び込むことになった。

そんな2009年4月。利根川先生が理研BSIのセンター長に赴任された。

その就任挨拶の場に、私もいた。私の勤め先が理研になっていたことに、利根川先生と一緒に来ていた吉成さんが驚いていた。

そして、2017年6月。

利根川先生が退任された時も、私は理研に勤めていた。

しかし、その退任前の最終講義の日に、体調を崩していた私は理研所内にいられなかった。それが悔やまれる。

 

いつの間にか、あのインタビューから16年が経っていた。

時の流れは早いというのは、あまりに陳腐な言い方だけど、早いだけではなく、その時間がなんだったのかと考える。

その時間は誰にも同じように流れているようで、全く別の密度で流れているのだなと感じる。

私の密度は濃かったのか、薄かったのか。解像度は高かったのか、粗かったのか。

それは、今わかることではなく、いつか気がつくことのように思う。

 

【ポケGO】2か月強でレベル35になりました

1周年イベント中でもあり、ポケモンを捕まえた時のポイントが3倍(詳しくはこちら)ということもあってポイントが急上昇。

Pokémon GO 1周年のお祝いです! - Pokémon GO

 

2か月強で、なんとかレベル35に到達しました。

f:id:fujita244:20170616111219p:plain

レベル34になったのが4月12日でした。

fujita244.hatenablog.com

2か月強ですね。長かった感じもします。

 

ここまで、13727(前回11486)匹ポケモンを捕まえて、385(同299)個卵を孵して、2402(同1991)匹進化させて、17819(同15024)回ポケスポットを訪れて、1313.51(同1096.55)キロ歩きました。

ジムで456(同378)回対戦に勝ってます。

図鑑は、カントーが142+ジョウトが77で219(同206)種類になりました。

 

2241匹 捕まえて、86個孵して、411匹進化させて、2795回ポケスポット訪れて、216.96キロ歩いて。

 

この次は150万点なんですが、いつまでかかりますかね。

この先の長さに、若い人は嫌になってしまうんでしょうか。

コツコツやるのは、中高年の方が向いているのかもしれませんね。

【ポケGO】最近の成果

レベル35には125万点必要なので、なかなか到達できません。

なので、息抜きに最近の成果をご紹介。

 

高幡不動の境内は、ポケモンがたくさんいました。写真撮り損ねたけどカイリューをゲット。

f:id:fujita244:20170520101042p:image

多摩動物公園は、まさかの蛇コーナーのアーボ。 

f:id:fujita244:20170520100630p:image

 

 ゴルフ場もポケスポットは無いですが、ポケモンが現れます。

ティーグラウンドのピカチュー。

f:id:fujita244:20170520100829p:image

 そんな毎日には、カイリューを連れて歩いてます。アメを集めて強化しないとね。