新宿三光町日乗

見かけたもの、出かけた場所、食べた料理などを写真中心に

【観た】永六輔追悼「夢で逢いましょう」at南青山マンダラ

7月14日19時30分開演のイベントを観に、南青山マンダラに行ってきた。

f:id:fujita244:20170603212259j:plain

女優の中村まり子、歌手のクミコ、フリーターこと漫談/コントのオオタスセリという一見何の共通点もなさそうな3人が永六輔さんの1周忌の追悼公演をするという。

この3人は、実は、永六輔さんが存命の時にも公演をしていた。

tf244.blog107.fc2.com

2009年8月24日だった。早いもので、もう8年も前なんだ。

こういう時はブログに書いておくと思い出せていいですね。

 

何でこの3人が永六輔さんの追悼公演をやったのかは、この記事を読んでいただきたいけど、記事の最後に「それにしても、永六輔さんの生前葬に見えたのは、偶然だろうか。」と書いているのが今度は、本当に追悼公演になったわけです。

 

舞台に大きな永さんの写真を置き、その前で、クミコさんが永さん作詞の名曲を歌い、まり子さんが永さんが作った一人芝居「もしもし母さん」を実相寺昭雄監督から譲り受けた(正確には、実相寺夫人である女優の原知佐子さんから)「黒電話」を使って演じ、オオタスセリさんが「ストーカーと呼ばないで」を弾き語るという、贅沢なんだか迷惑なんだか(byオオタスセリ)わからないような内容。

 

今日15日は2回公演だそうですが、まだチケットはあるかもしれません。

suserin.exblog.jp

 

グタグタな進行も微笑ましく、まり子さんと田村連さんのデュエット(二人の銀座)も聞けて、私は大満足でした。何回見ても「もしもし母さん」は泣けます。

 

最後に、永さんのお孫さんの本を買って帰りました。

 900円だし。

大遺言:祖父・永六輔の今を生きる36の言葉

大遺言:祖父・永六輔の今を生きる36の言葉

 

 ゆっくり読もうと思います。

 

広告を非表示にする